開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
ビジョン ビジョン
MENU
カテゴリー
最新のエントリー記事
バックナンバー
HOME > ビジョン > 明確な事実がわからないときの選択

VISION-4
明確な事実がわからないときの選択  [2007.06.12]


 頑張っているけど、できない。
  頑張っていないから、できない。

 この子はどっち?

 彼の勉強の事実が不明確なとき、
  
  
さあ、どっち? 

 かなり勉強はやっているとわかってたとしよう。
 (ちなみに、これくらいで明確な事実と考えてはいけない。)

 自分は、心の中でだが、
 後者を選択する。
 
 もちろん、彼を否定はしない。
  自分の心の中での指導姿勢だ。

 それは、後者のほうが、伸びる可能性があるから。

 事実が不明確ならば、伸びる可能性が高いほうを選択する。

 頑張っている。この基準はどこ?

 彼の限界点なの?

 がんばっている、努力の限界点まで到達している。

 そこからどうやって、人を伸ばすんだ?

 だったら、その子を伸ばすために、
 その子に哀れみの目で見ないように、
 自分の気持ちを下げないように、

 まだいける。この可能性にかけたい。

 相手をろくに知らないで、評価を下す
 上目線なんていらない。

 何も言わなくても、指導者の心が、
 生徒に伝わる。

 「君は、伸びる。」

 その理由は、
 
         「ごめん、俺が頑張っていなかったから。」

 

   
←前の記事へ 次の記事へ→


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾