Trouble ~優しいとは限らないカウンセリングルーム~ 塾長 岡田が相談に答えます!
プロフィールはこちら
小、中、高、大学生、社会人、保護者 どなたでも構いません。人には言えない悩みを抱えている人がいれば、是非打ち明けて下さい。優しく答えるとは限りません。ご了承下さい。
相談はこちら

<< 前の記事へ | TOP | 次の記事へ >>

一生懸命働いても数字が出ない部下やその半分しか働いてないのに数字を出す部下がいます。 塾長はどちらが大事な社員ですか?  2009年11月16日
<< お名前 >>
元塾生
<< 年齢 >>
31
<< 性別 >>
男性

<< ご相談内容 >>
 岡田塾長殿
 以前の塾の岩田校で教えていただいた者です。 試験期間中に自分の勉強ができておらず、塾を休んだとき、先生には本気で怒られましたね。その時は、自分の問題だから、自分で判断したんだ、なぜ理解しないのかと本音は反発してました。でも今ならわかります。結局、自分の間違いを、自分で肯定して、人のせいにしても上手くいくわけないですよね。結局、自分は、自分が正しい行動をしてないのに、都合の良い所だけ、頑固になる人間でした。
 社会人になって、がむしゃらに働いて、なんとか営業所の責任者になりました。
 部下ももち、その生活を守ってやるのは本当に難しいと実感します。
 平社員のときは、自分が結果をだせばそれで良かったのに、今はそれが通じない。
 私共の仕事は営業ですから、なんやかんやで多少のセンスが問われます。
 一生懸命働いても数字が出ない部下や、その半分しか働いてないのに数字を出す部下がいます。 
 部下を指導する自分の指導力の無さは正直認めます。
 塾長はどちらが大事な社員ですか?
 一生懸命やっても結果が出ない社員には、その社員のためにも、転職を薦めますか?
 その社員に対して、私は何をしてあげればよいのか最近わからなくなりました。
 ものすごく真面目で、一生懸命ですが、その倍以上不器用で、ミスも多いです。
 長い目で育てたい気持ちもありますが、無駄な時間でいたずらに歳をとるのもどうかと思います。(実際そんな時間は無い) 
 経営者の目と、営業所の責任者の目では、難しいとは思いますが、塾長なら、私に何を求めますか教えてください。
 自分は結果が出ないと、本当にノイローゼになるくらい精神が弱いので、あまり部下に厳しく指導できない部分はあります。
 経営者の塾長でもいろんな社員をお持ちだと思いますし、一人の社員のミスにより、経営を揺るがす恐れもあるかと思います(余計なお世話ですが)。 それでも、自信をお持ちなのは、部下に心配させないためですか?
 長々とすいません。文章能力が無いので、意味不明かも知れませんが、もしお答えできましたらお願いいたします。
 
 
 
 


誰かわかりませんが、
お久しぶりです。
 
いろいろ質問していますが、
一番は、部下で一生懸命に仕事をするが、
ミスが多く、結果が出せない人間に対し、
どう接するべきか?
 
これが一番聞きたいことですよね。
 
平のときは、自分が結果を出せばよかった・・・
と書いてありますが、
そうではありません。
 
どの立場であれ、結果を出さなければなりません。
 
営業所としての結果を出すのがあなたの仕事です。
 
まずは、そこからですね。
 
いずれにしても、その営業所のメンバーをセレクト
する権限はないはずです。
 
メンバーは選べれないのです。
 
そのメンバーでベストをつくすのです。
 
そして、一営業所としての結果をだすために
仕事をするだけです。
 
何人そこにいるのかわかりませんが、
営業成績を取れる人間がとる。
 
一生懸命働くが、取れない人がいるのであれば、
その分をあなたが営業で補ってもいい。
 
とにかく、結果をださなければならないのです。
 
そして、その中にいる一人ひとりを指導し、
伸ばすこと。
 
社員で、適当に働くが、結果を出す人と
一生懸命働くが、結果を出さない人
でどちらが大切か?
 
という質問がありますが、
社員はすべて大切です。
 
現時点だけで言えば、
結果を出す人間です。
 
私が大切にしていることは、
将来、結果を出す可能性があるか。

未来に結果を残す可能性を感じさせる
人間が、大切なのです。
 
現在結果を出している人間は、
将来も結果を出すという期待が大きいことが私の評価理由。
しかし、現在結果を出している人間は、未来に結果を出すとは言い切れない。
ただその確率が高いだけである。

結果を出していない人間は、その逆である。
しかし、今だめでも今後すばらしい活動をする人は、必ず
存在します。
 
あくまでも未来なのです。
 
 
現在結果を出していないが、
一生懸命に働いている。
 
その一生懸命の意味は、
将来結果を出す可能性
があることだと考えている。
 
一生懸命働いているが、
会社で未来の貢献可能性をまったく
見出せなければ、
企業では雇用理由はないと思います。
 
素直、謙虚、自主性、そのすべては、
未来に、結果を出す可能性なのです。
 
そういう意味でやはり前向きということが
とても大切なんですね。
 
一生懸命だけど、・・・
という場合はたしかにありえます。
 
しかし、一生懸命は、なかなかの武器です。
柔軟性、臨機応変、そのような力はまったくないのでしょう。
 
指導者側である程度までは、もっていけれる可能性が十分にあります。
 
別にあなたがきつく言えない上司なら、それでかまいません。
 
だめな過去を言わず、未来にどうするかを伝えていけばいいのです。
 
あなたが、更なるマニュアルを作り、暗記させるなり、
方法はあるはずです。
 
部下が結果を出せなくて、ノイローゼになってはいけないです。
部下がだめで、あなたがだめになってはいけないのです。
 
それが上司ですよね。
 
部下がだめなのは当たり前なのです。
(カイタクの人開き直っちゃいかんよ。)
 
だって、あなたの部下なんですから。
 
あなたが大満足する部下は、一生でない。
 
あなたが大満足する人は、あなたの上司になる人なのです。
 
一生懸命働いているが、仕事ができない人。
 
きっとどこの会社にもいると思います。
 
言葉で言うほど簡単ではないことも
十分にわかっているつもりです。
 
私があなたの立場なら、きっと
転職とかをすすめることはないですね。
 
会社にいる限り、指導をし続け、
いつか力をつけると信じて、
期待しますね。
 
どうにも無理だとしたら、
その部下にどうのこうの
言う前に、上司、または社長
に部下の仕事のできなさ
を報告し、解雇提案をします。
 
それまでは、やり続けますね。
 
あと、私が自信があるのは、
部下に心配させたくないから?
という質問ですが、
 
まったく違いますね。
 
私は、自信満々でも、不安におびえまくっているわけでもない。
 
自然体ですね。
 
それなりに自信をもっていることもあれば、
全然だめなところもいっぱいある。
 
心配かけたくないから、自信をもつ、
って変じゃないですか?
 
自信は、相手関係ないんですよ。
部下とかそういう問題ではなくね。
 
自信ですから。
 
部下を信じて、指導してください。
 
不器用でミス多いけど、
いつかものになるんじゃないかとね。
 
そして、どうにも無理ならば、
上司にその旨を報告する。
(無理の前にも報告は常々必要ですけど)
 
あとは、あなたが部下のだめさに
負けないことです。
 
どちらにしても、営業所で結果
を出すことがあなたの仕事です。
 
それをまっとうしてください。
ご意見やご質問があるかたはこちらまで
カレンダー
2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事一覧
先生はこの時期の中学生は、忙しいと思っていますか?
運を呼び込むにはどうしたら良いですか?
一生懸命働いても数字が出ない部下やその半分しか働いてないのに数字を出す部下がいます。 塾長はどちらが大事な社員ですか? 

アーカイブ
2010年10月
2010年05月
2009年11月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2007年06月
2007年05月
2007年02月
2006年12月

開拓塾サイトへ
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.