Trouble ~優しいとは限らないカウンセリングルーム~ 塾長 岡田が相談に答えます!
プロフィールはこちら
小、中、高、大学生、社会人、保護者 どなたでも構いません。人には言えない悩みを抱えている人がいれば、是非打ち明けて下さい。優しく答えるとは限りません。ご了承下さい。
相談はこちら

<< 前の記事へ | TOP | 次の記事へ >>

どんなことを意識したら、リスニングで点数が
   取れますか?
2009年09月02日


<< お名前 >>ちび      << 年齢 >>14   << 性別 >>男性

<< ご相談内容 >>
実力テストのリスニングが苦手です。
実力テストでリスニングの問題が出たら、まずどんなことを意識したら、リスニングで点数が取れますか?
それまでの過程ではなくて、本番の対処法でお願いします!!

1 必死に聞こうとしすぎないこと。

リスニング問題は、必死に聞こうとする傾向になるが、
必死にならなくても、十分に聞こえる音量である。

必死に聞こう、と思うがあまり、緊張度合いが強くなり、
かえって、聞けなくなってしまうことが多い。

自分が現場で指導していたときは、
「必死に聞く」のではなく、「落ち着いて聞く」
ことを、まず念頭に入れなさい。と言っていた。

生徒たちには、リスニングの授業で、
「必死に聞くな。」「りきむな。」

「りきんで聞くのは、リキニング!」(笑)
「リキニングしちゃあかん。」(笑)
「こころおだやかーに、リスニングするんだぞ。」
なんて、言ったりしていましたね。懐かしい。
私、ちょっとあほな授業してたんで。

とにかく、
「落ち着いて、あせらず、自然体で聞こう。」

音は、聞こえるのです。その音をもれなく、聞こうとするから、
なんて言っていたか、わからない箇所が出た瞬間に、
極端にあせってしまい、その後がさっぱり、となってしまうのです。

そこで、

2 聞けない箇所、わからなった箇所は、必ずある。
  と確定してから、取り組もう。

全部、もらさず、聞いてやる。と意気込みすぎて、
緊張を高め、そして、聞けないところに異常に反応してしまい、
結果、とれるところを、とらない、ということになってしまう。


改めて、「聞けない箇所は、必ず出て来る。そこで、あせらないぞ、
という気持ち」を大切にしよう。
そのためにも、1の必死に聞こうとしないことが大切になる。


愛知県の公立入試のように、
会話→質問→回答選択肢 のリピート
のような形式だとしましょう。

2回繰り返しがある場合、1回目の聞くポイント。 

3 単語のリスニングを大切にせず、ストーリーを大切にして、聞こう。

このリスニングは、「どのようなストーリーなのか」
これをつかみに行こう。

そして、2のように、聞けない箇所が必ず出てくる。

そこは、「推測」するのです。

何言ってたかわからない。→やばい。→全滅

となってはならない。


4 まったく、あせらず、落ち着いて、「推測」
するのです。

高校入試、実力テスト、ともに、
ストーリーは複雑ではありません。

そして、マニアックな内容、反社会的、非人道的な話もありえません。
たとえば、で面白い話が浮かびましたが、ちょっと
ここで書いてセーフかアウトか、自己判断できないので、
反社会的な例をのせるのやめとくね。

「清く、正しく、美しい」

テストに出して問題のない話に決まっています。

中学生のボキャブラリー能力の限界もあるので、
複雑な話になりようがないのです。

「常識的に言って、こういう内容だろう。」

と推測しましょう。


5 4までのことも含め、「聞けなかった箇所を追わない。」

聞けなかった箇所は、先ほどから言ってるように、
あせらず、追わないことです。

それより、次を逃さないことを心がけ、推測してください。


6 全部話を聞いてから、考えるのではなく、

「いつ、どこで、だれ(だれとだれ)が、なにを、したのか(するのか、する予定なのか)」

これを把握することを意識しましょう。

漠然とリスニングしていないで、リスニングで、なにをわかろうとするのか、
この狙いがあるか、ないかは大きいです。

「いつ、どこで、だれ(だれとだれ)が、なにを、したのか(するのか、する予定なのか)」

このすべてが捕らえれれば、ほぼ全問正解です。

しかし、すべてがわからなくても、「いつ・・・」の5項目のうち3つがわかったならば、
数問は必ずとれますし、なおかつ、推測力をきかせれば、全問正解も狙えます。

そこで、問題形態にもよりますが、リスニングはメモ欄がありますので、
放送の前に、「いつ、どこ、だれ、何、したか」
を簡単な表にして、記入するのも方法の一つです。

冒頭で、マイクとルーシーの会話です。などとあったならば、マイク、ルーシーとだれのところを
特定しておけばいい。


7 リスニング問題の傾向として、前半の問題が比較的簡単で、後半が難しい傾向にあります。
それもふまえて、イージーな問題はとりこぼさず、難しい問題は、リピートで特にそこに着目して、
聞くようにしましょう。


8 先述にも関係がありますが、たとえば、5問あったとして、
(1)から(5)までをそれぞれ単発の問題と考え、その問題だけで選択肢
から選択しないこと。
(1)から(5)までで、一つのストーリーそして、矛盾ない話になってなければならない。

あなたが聞いたリスニングと実際の設問(1)から(5)を有効活用して、
一つのストーリ、普通の話として、おかしくないもの。
という観点で、(1)から(5)を見てもらいたい。

(1)から(5)を有効活用する! これも大切ですね。


9 文末が、d,t,gなどは、発音が弱い。
たとえば、「トウル」と聞こえたら、「tall」(ちなみに、この単語は
トールと伸びる発音だけどね。)
が浮かぶかもしれないが、「told」の可能性がある。

たとえば、「ラニン」と聞こえたら、
「learning」(実際はラーニングですが、その人にとっては、ラニン
ときこえるかもしれない。)かもしれないし、
「running」かもしれない。

そこも前後が大切で、直後が、「English」なら、learningだし、
「in the park」なら、runningになる。

そこら辺も推測力がいる。

なので、わけがわからず聞こえた単語は、文末がd,t,gのように
発音が弱い、単語などをきをつけましょう。


実際にリスニングを目の前にしてならば、
まだいくつか伝えることはできますが、

この1から9を実行することで、得点効果は必ずあります。

本番のアドバイスだけをしてくれということですが、
本番だけで、これらをクリアするのは、まず無理でしょう。

家で、カイタクのリスニング教材を使って、この1から9を
実際に意識してやるぞ、という練習を必ずしてください。

あとは、普段から本読みで声だしたほうがいいよ。

カイタクの英語の先生も後押ししてくれると思うので、
がんばってください。












ご意見やご質問があるかたはこちらまで
カレンダー
2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事一覧
先生はこの時期の中学生は、忙しいと思っていますか?
運を呼び込むにはどうしたら良いですか?
一生懸命働いても数字が出ない部下やその半分しか働いてないのに数字を出す部下がいます。 塾長はどちらが大事な社員ですか? 

アーカイブ
2010年10月
2010年05月
2009年11月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2007年06月
2007年05月
2007年02月
2006年12月

開拓塾サイトへ
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.