開拓塾 スチューデントブログ
紅林先生へ 2012年11月25日
中1佐藤 

平行四辺形ABCDで、点Pは辺BC上をBからCまで毎秒2㎝の早さで進みます。
点PがBを出発してからx秒後の三角形ABPの面積をy㎝とするとき、次の問題に答えなさい。

問題 三角形ABPの面積が、平行四辺形ABCDの面積の八分の三になるのは、
PがBを出発してから何秒後か求めなさい。

が全くわかりません。

コメントを書く→

 返信メッセージ

  • KAITAKU より:

    KAITAKU STAFF

    問題には、辺BCの長さが出てると思うんだけど。
    質問の問題文だと解けないので、仮にBC=16cmとして答えるよ。

    三角形ABPの面積が平行四辺形ABCDの8分の3ということは、
    Pから辺ABに平行な線を引いて、辺ADと交わったところをQとすると、
    平行四辺形ABPQの面積が8分の6になればよい。
    (三角形ABPの面積は、平行四辺形ABPQの面積の半分だから。)

    つまり、Pは辺BCを8分の6進んだところにあればよい。
    よって、BC=16cmとすると、16×(6/8)=12
    12cm進めばいいのだから、1秒間に2cm進むんだから、
    12÷2=6  6秒後



ボードに書き込みたい方はこちら→
※このボードは開拓塾生と開拓卒業生、開拓塾生の保護者の方のみのご利用となっております。

最近の記事一覧

最近のコメント

アーカイブ

開拓塾サイトへ
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.