開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME 開拓塾の考え方 コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
Pick up 講師 Pick up 講師
MENU
最近のエントリー講師
バックナンバー
HOME > Pick up 講師 > 2008年01月

pickup
広田 泰彦 Yasuhiko Hirota
サンバのリズムで踊り、なぜか右手にはカプチーノ        そんな誰にもまねができない陽気さの裏に気づかいの心が   隠されている
image
運動神経抜群。歌はプロ級。広告デザインのほぼすべてを彼が行なっている。何でもできる彼。

きっと初めてだっただろう。講師デビューの1年目、味わったことがない挫折。そして、南校との出会いもあり、その挫折からはいあがった。

そして、今、開拓のトップ講師の一人となった。

サンバのリズムに乗って、舞い踊る。
その圧倒的テンション。
そこには、なぜかいつもカプチーノ。

その根幹は、相手を喜ばせたいという優しさから生まれている気がする。

彼が生徒から慕われる理由は、きっとそこだろう。
プロフィール

誕生日:9月6日
血液型:O型
趣 味:ツーリング、サーフィン、カヌー、散歩


Question.1 あなたにとって開拓塾とは何ですか?
ステージです。「To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾」このキャッチフレーズは、塾長岡田が生んでくれたものですが、ピッタリとはまりました。
開拓塾は、生徒のステージであり同時に私のステージでもあります。
「僕はこのステージの上でどれだけ輝くことが出来るのだろう。」と考える隣には、「どれだけの人達に光を与えられるのだろうと。」といった主役なのか舞台を支える裏方なのか、その両方が混在した異空間。一つだけ決まっていることは、AUDIENCEにならないこと。ラララ~歌い続けること。

Question.2 大切にしていることは何ですか?
「わがままであること」です。相手に対して信用がなければ、もういい年ですからわがままなんてなかなか言えません。子供がよその家にいったとき、やけに行儀が良かったりして、帰りの車の中で抑えていた感情を吐き出すがごとく、僕や妻に反抗してくるときも、どこか安心や信頼がわがままを支えているような気がします。
多くの人に支えられて今の自分があるように、多くの人の支えになる自分でありたい。
大きな信頼と自己中心的な甘えをもって相手にわがままを言ったとき、それは今度は自分がわずかながらも君を支えると、胸に刻みこんだ心の誓いでありたい。

Question.3 夢を教えてください。
「いつまでも夢を追いかけることです。」具体性に欠けますね。
例えば、「デザイナーになりたい。」といった夢を持っていたとします。そして実現したとき、今度は「有名なデザイナーになりたい。」「人を感動させるデザイナーになりたい。」と結局、自分の夢は尽きないと考えています。
塾長岡田が「開拓塾をでかくする。」と言いました。これが、私の夢見る燃料。
辺りには様々な起爆剤が転がっています。
小さいけれども強い光を放つもの。
大きな壁となって影をつくるもの。
大切なのはいま自分が命を燃やして生きているかどうか。
終わりなき夢を終わりまで追いかけていきたい。


思い出のアルバム
image1
幼い頃、妹と二人で。
image2
愛車のトライアンフと海を眺める。
かなり入ってます。


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾