開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 小学生コース > 算数

小学生コース 算数

見たいコンテンツを選んで下さい
授業コンセプト 授業Live! 1 授業Live! 2 授業Live! 3
小学生コースで身につけたいこと 体感させる 力を試すステージ


体感させる

1 どこで使うの?

小学生算数が好きな生徒、嫌いな生徒、どちらも当然います。算数が好きな生徒は、考える楽しさを知っていたり、解ける喜びを感じていたりするので、積極的に問題に取り組みます。一方、算数が嫌いな生徒は、その楽しさ、喜びを感じていないので、新たな問題に直面すると「習ってないから出来るわけがない」といった様子であきらめてしまいます。興味が持てなくなってしまっているのです。
その要因の一つに「体感できない内容が多いから」というものがあると思います。面積を求めることは出来るようになるが、日常の生活ではどこで使うのか分からない。速さもやっているが、机上の計算作業になってしまっている。そういった子が多いのです。
「では体感させてあげよう!」 これがチャレンジ問題のコンセプトです。


身近なものから問題を作成

 (1) すごろくで使用するさいころを利用した確率(中2履修)
 (2) パズルの感覚を利用した等積変形(中2履修)
サイコロ
生徒は「難しい、嫌だなぁ」と捉えるのではないかと思う方もいるでしょう。しかしその逆なのです。
はじめて見る問題に対して、「勉強をする」というより「新しいおもちゃを手に入れた」といった様子でいきいきと取り組んでいます。この考えはチャレンジ問題のみならず、他の「速さ」「割合」といった単元でも生かされています。


好きだからこそ出来るようになる

もともと算数が好きな生徒には、さらに好きになってもらいたい。「中学校の内容を小学生の自分でも解けるんだ」と自信をつけてもらいたい。そして、さらに出来るようにチャレンジさせたい。
また、算数が嫌い・苦手な生徒には、少しでも興味を持って好きになってもらいたい。そしてその後の新たな問題に対して、積極的に取り組む姿勢を作りたい。私達はそう考えてチャレンジ問題を実施しています。

力を試すステージ


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾