開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 小学生コース > 国語

小学生コース 国語

見たいコンテンツを選んで下さい
授業コンセプト 授業Live! 開拓ならではの授業1 開拓ならではの授業2
小学生コースで身につけたいこと


開拓ならではの授業1

与えられた問題を解くだけではない!

開拓塾の授業では、生徒が与えられた問題を解いているだけではありません。自由な発想を求め、0から作り上げる力を養う授業もあります。その一例として、『100年後の世界コンクール』があります。

小学6年生の教科書で習う「百年前の未来予測」の内容から、「今から百年後はどうなっているかな?自由に考えてごらん」という投げかけとともに1枚の白い用紙を生徒に渡します。生徒はその用紙に、自分が予測する百年後の未来を自由に書きます。
 ・箇条書きにして何個も書いてくる子。
 ・ストーリー仕立てで書いてくる子。
 ・図も盛り込んで書いてくる子。
生徒たちは本当に様々な発想の中で、楽しんで書いてきます。
イメージ
昨年行われた『100年後の世界コンクール』の優秀作品
小学生 『100年後の世界コンクール』の優秀作品 『100年後の世界コンクール』の優秀作品
実はこの授業にも隠されたコンセプトがあります。
それは現代社会の問題をとらえさせることです。ただ漠然と考えているだけでは、なかなかアイデアは浮かんできません。そこで「今の生活で『こうなったらいいなぁ』と思うことはないかな」、「今の生活で不便なことはないかな」と教師が投げかけます。そういった過程で、生徒は現在と比較した中で未来を想像していきます。生徒によっては環境問題に注目して、その改善方法を考えた上で100年後の変化を書いてくる子や、現在使われている様々な製品の問題点に気づき、利便性・安全性をより高めたものを考えてくる子もいます。「現在、このような問題がある。だから100年後はこう変化している」という根拠にまで自然と到達した中での文章を大勢の生徒が書いてきます。
このように、物事を比較する力を育成することも目指しており、今年度は「理想の町コンクール」を実施する予定です。

開拓ならではの授業2


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾