開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 中3受験対策コース > 英語

中3受験対策コース 英語

見たいコンテンツを選んで下さい
開拓の英語が合格させる 開拓オリジナル攻略法

訳さずに解け!

英語は訳すものだという一般常識の裏に秘めた攻略法
開拓の英語が他の塾と違うのを感じていただける内容の一つとして、開拓オリジナルの解法を披露します。高校入試に勝ち抜くために、絶え間ない努力を行い開拓塾が開発したテクニックの一例です。
語形変化攻略法
最近の入試においては文脈判断で動詞を選ばせる問題が多くなってきましたが、実力テスト、定期テストにおいては、以下のような問題もまだ多く出題されます。
出題
この問題を解くには、2つの動作が必要です。
1.動詞を選ぶ
2.動詞を変化させる

この問題を難しいと思っている生徒は、この2つの動作を同時に行ってしまっているのです。さらには本文を訳しながら、何をしたらよいかまとまらないまま問題を解いてしまいます。
開拓塾には、「一般動詞9パターン」という必殺技があります。これを中3の夏期講座から指導に入ります。
このパターンを生徒がすべて把握する状態を冬までに目指します。

ここからが実際の開拓オリジナル攻略法です。


(1) スタートは日本語に訳さない

無駄な作業を一切排除し、英文をしっかりとらえることに集中させます。


(2) 動詞を選ぶ

(    )の後ろを見て、動詞を選ぶ。




(1) 入っている → そのまま動詞を選ぶ。
(2) 入っていない → しっかりと訳して文脈判断で選ぶ。

それでは、「一般動詞の9パターン」が頭に入っていることを前提に問題の解説に移ります。

~(1)の問題の場合~


(4) 動詞を変化させる

(    )の前を見て変化させる。変化にも全てのパターンが存在し、生徒に徹底的に指導していきます。

~(1)の問題の場合~


1.動詞を選ぶとき
この場合はパターンに入っていないのでしっかり訳し文脈判断をします。

2.動詞を変化させるとき
(    )の前には many people があるので変化は決まります。
(    )の前に名詞があるときの変化は4分の1です。
現在形・過去形・~ing形・過去分詞形のいずれかです。
この場合は~ing形の変化となり 答えは living になります。

この問題は、開拓塾生のほとんどが正解を導き出せた問題です。今回はこの1問でしたがここに向けて講座を通し徹底的に指導をしていきます。この指導が入試のみに限らず英語の力へと繋がり結果生徒の総合的な力が上がっていくことを信じています。


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾