開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 中学生コース > 国語

中学生コース 国語

見たいコンテンツを選んで下さい
授業コンセプト 授業Live! 1 授業Live! 2 開拓ならではの授業
中学生コースで身につけたいこと


授業Live! 2

~文章読解編~

教師 「今日は『文化を伝えるチンパンジー』という論説文だ。まず第一段落を読んでいくよ。 チンパンジーのことを、あなたはどれだけ知っているだろうか。「黒くて、大きくて、賢いサル」だと思っている人も多いことだろう。 さあ、この文章は、『~だろうか。』という疑問提起から始まっている。なぜだ、分かる人?」
生徒 「考えさせるため。」
教師 「そのとおり。読者に少し考えさせて、引きつけるためだね。では、この文章のテーマは?○○!」
生徒 「チンパンジー」
教師 「正解。じゃあ、二文目の『黒くて~多いことだろう。』の文は、筆者の考えなのか、一般論なのか、どっちだ?○○!」
生徒 「一般論。」
教師 「正解。では、筆者はチンパンジーを賢いサルだと思っているのかな?」
生徒 「思っていない。」
教師 「そうだよね。一般的にそう思われているってことは、筆者はそうは思っていないはずだよな。では、第二段落を読んでいくよ。 けれど、チンパンジーを「サル」とよぶのは妥当ではない。チンパンジーは、サルよりもヒトに近い動物である。これが、長い間チンパンジーと暮らし、その行動を研究してきたわたしの結論である。 予定通り、筆者はチンパンジーを賢いサルだと思っていなかったね。サルより何に近いって言っているのかな?分かる人!」
生徒 「ヒト」
教師 「そうだね。いいぞ、ここまできちんと読み取っているよ。そして、筆者はこれが結論だと言っているね。つまり、筆者が一番伝えたいことだ。では、君たちは、なぜチンパンジーがサルよりヒトに近いか、ここまでの文章で納得できたかい?」
生徒 (納得いかない様子。)
教師 「そうだよね。ということは、第三段落以降で、なぜ筆者はそう考えているのかという説明があるはずだよな。こうやって、一文一文きちんと読み取って、先を予想していくんだよ。じゃあ、第三段落に行こう。 日本にはニホンザルが生息している。実際に見たことのある人も多いことだろう。動物分類学上は、ヒトもチンパンジーも、そのニホンザルと同じ霊長類に属する。確かに簡単に分けてしまえば、同じサルの仲間である。 あれっ、ちょっと予想と違うね。どこが変なの?○○!」
生徒 「ヒトもチンパンジーもニホンザルも同じサルの仲間って書いてある。」
教師 「そのとおり。さっきと言っていることが違っているね。これは筆者が言いたいことでは?」
生徒 「ない。」
教師 「勿論、そうだよね。結論と相反することが筆者の言いたいことのはずがないな。この段落は、学問上の分類では同じ仲間だという事実を言っているだけだ。では、ここで問題だ。霊長類と同じ意味で筆者が使っている言葉は何だ?○○!」
生徒 「サルの仲間。」
教師 「正解。こういうのを同意表現っていうんだよ。さあ、次の段落こそチンパンジーがヒトに近いという理由が来そうだな。それじゃ、第四段落。 しかし、その姿をよく見ると、ニホンザルにはしっぽがあって、チンパンジーとヒトにはない。この点からも、チンパンジーとヒトが似ていて、ニホンザルとは少し違うということがわかる。 予想通り、ヒトに似ているという理由が来たね。・・・」

開拓ならではの授業


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾